NALU HULA

スタジオはJR六甲道より東へ徒歩1分。
6名までの少人数制。アウアナ&カヒコレッスンあり。
生徒募集中!お気軽にお問合せください♪
090-1584-1120
naluhula711@yahoo.co.jp


『naluhula_kobe』で、インスタやってます。

NALU HULAらしいレッスン出来るようになってきたので、記録に残してみようかと。



『ワークショップ』

これが、今の私の学びの場です。

クムフラ、プロダンサーたちの言葉から、自分に必要なことを学び取ります。


『揃える』が、課題の1つ。

一糸乱れず揃えるわけではないけど、揃って見えるやり方。

ベーシック揃えてもダメなことは、体感済み。


アロハ‼️気持ちを揃えよ‼️気持ちが揃えば踊りも揃う‼️

これには、アレルギー💦

気持ち=誠意=◯◯

言ってることが、ヤ◯ザやし‼️

資◯が揃う⁉️か(笑)

こんなクムフラもいらっしゃいましたねー(笑)

これは社会勉強。

あっ、脱線💦💦



『振付け』と言うものがあるのに、バラバラはおかしい。

普通の思考では「気持ち」で揃うわけないし(笑)

普通に素晴らしく揃ったフラがハワイにはある。

どうやって揃えてる?

これは、文化の違いが大きく影響してるようにも思う。

日本人の『揃える』に比べて、ハワイアンの『揃える』のユルいこと。

答えをくれたのは、アリアナ先生とケオキ先生でした。

レッスン中に、ヒントがいっぱい‼️

耳ダンボでレッスンを受けました。


そして、次のレッスンで即実践。

月3回~5回のレッスンでは、なかなか成果は出ないけれど、忍耐強く続けた。

その成果が、関空イベントでは見えたネ。

良かった、良かった。

この調子で頑張ろ〰️!

まだまだ課題はあるよん。



一人一人、よく頑張りましたー!
✳️のりこさんダンナさま撮影ありがとうございます‼️


フラ歴の全然違う2人。

その差を、動きのルールで埋める練習中。

































Love Hawaii Colection 2018




レッスン風景🎵










特定のクムフラに師事しないことで、合理的なレッスンに努力している。

なんせ、私たちは日本人。

DNAに、フラは組み込まれていない。

『お稽古フラ』

月3回~5回の1時間半のレッスンで、いかに踊れるようになるか?

20オーバーの踊りには遅すぎる年齢。

踊りの素質も??? 運動神経も???

このメンバーが集まって、どうやって踊りにするのか?

ハワイのやり方では、生きている間に踊りたいフラに到達するわけないやん‼️

と、やっと2年前見切りをつけた。


合理的なレッスンを、今の私だからこそ出来る。

いろいろなクムフラ、ダンサーのいいとこどり。

NALU HULAでは、とにかく『振りV』をよく使う。

AKBも、乃木坂も、それで練習するらしいから(笑)

日本人らしいやり方。

ノートに書くのも、生徒には強制していない。

書く時間⁉️

レッスン中には無理ですからーー‼️



昨日の動画を見る限り、成果が見てとれる。

さぁ、次はウェスティンホテル大阪のイベント。

また、フォーメーションいじります。

頑張ろうねー👍



✳️ななちゃん、撮影&応援ありがとー‼️























よいお天気に恵まれ、楽しかったです🎵

ステージは、日頃の練習の成果を試すチャンス‼️

それぞれに、いつもやらないミスを、いろいろやっちゃったようでー(笑)

それもまた「謙虚に生きよ」「人に優しく」と教えられているようで、

いい機会ではないでしょうか。

明日は、子供?ダンナ?の失敗に優しくなれるハズ⁉️(笑)


私たちは、プロではありませんからネ。

フラを一生懸命にやることで、日々の生活に生かせばいいんです。

人の気持ちがわかるきっかけになれば大成功です👍


踊りの課題、レッスンは、私にお任せを。

また、いろいろ課題見つかりましたー👍

みんなには、まだまだチャレンジしていただきまーす‼️

ひとまず、お疲れさまでしたー‼️





✳️インスタに連動しています
✳️キコさんのダンナさま、撮影ありがとうございます‼️

応援に来て頂いたご家族のみなさま、スタッフのみなさまには、心から感謝いたします。

そして、Eちゃんとハイタッチ出来て良かったです👍

私は、日々充実してるから大丈夫‼️

お互い頑張ろうねー✨✨






































今日もキラキラの準備から。

キラキラは、心に余裕が生まれる⁉️

シンプルがベストでないこともあるんだな、これが。
































↑このページのトップヘ